枕の高さは何センチがベスト?肩こり首痛に効果的な高さは!

悩み

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

朝起きて疲れがとれていない、肩や首が凝ったように痛いなど生活の質に直結する睡眠。
これはお使いの枕が大きく影響しています。
あなたの使っている枕は、高さがあっていますか?

「枕難民」という言葉が存在するように意外と自分にあった枕が見つからないという方も多いようです。
一言で枕が合わないといってもいろいろな理由があると思います。
今回は、私が枕を選ぶときにもっとも重要だと考える枕の『高さ』が何センチにすることが肩こり、首コリに効くのかを調べてみました。

■ベストな枕の高さとは何センチ?

一般的に測った首の深さに2センチ足してあげた高さが、枕の理想的な高さと言われています。
枕に寝たときに自分の重みで沈むのでプラス2センチしてあげるのです。(これは硬さの硬めの枕の場合プラス1センチ程度でもいいかと思います。)

また、人によっていつも仰向けで寝るのか横向きで寝るか違うと思います。
仰向きと横向きでは枕の高さを変えたほうがいいといわれています。

仰向け、横向きで寝るときの最適な枕の高さ画像(西川)

引用元:西川ストア

仰向けでよく寝る人は、首の骨が緩やかなS字カーブを描くようにすることで本来の首の高さをキープできます。

横向きでよく寝る人は、首の骨がまっすぐになるように肩が下にきた時の高さを考えて選ぶのがよいでしょう。

■ベストな高さの枕比較

枕3種類の高さ比較表

おすすめの枕三選をまとめてみましたTHE MAKURAが圧倒的に高さが低く5㎝。

西川とMoonmoonはほとんど高さに変わりはありません。

THE MAKURAと西川は仰向けと横向きに対応している枕だが、Moonmoonは横向き推奨枕です。

自分のよく寝る態勢によって枕を選ぶのが首の痛み肩こりを軽減してくれるのです。

■女性と男性でも枕の高さは変えるべき?

やはり女性と男性では生まれつきの体の大きさが違うので枕は当然変えるべきといえるでしょう。

高さの目安は男性なら後頭部が5~6センチ、首の当たる部分が7~8センチ、女性なら後頭部が3~4センチ、首が5~6センチといわれています。

横向きで寝ることが多い方は肩の分高さが出るので数センチプラスで考えてもよいでしょう。

■まとめ

毎日欠かせない睡眠。

自分は仰向け、横向きどの態勢で寝ることが多いのか検証し枕を選んでください。

そして体の大きさ、後頭部の深さを何センチなのかぜひ図ってみてください。

それが枕の高さが何センチがいいのかわかるポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました