趣味の美容の知識を生かしたい|資格取得ならエステティシャンがオススメ!

エステの施術を受けてきれいになった外国人女性 趣味

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

いつまでも綺麗にいたい、これは女性の願いですね。

また、メイクや美容について好きという女性も多いですよね。

私もその一人です。

 

伏し目がちに後ろを気にするロシア人の女性

 

そんないつまでも綺麗にいたい、美容の趣味を生かせる職業はなんでしょうか。

 

趣味の美容の知識が生かせるのはエステティシャンです。

では、エステティシャンになるためにはどうしたらいいのでしょうか。

資格は必要なのか、どのようにしてエステティシャンになるのか説明したいと思います。



 

エステティシャンとは

 

まず、エステティシャンとは総務省の「日本標準産業分類」によると、エステティック業は「手技又は化粧品・機器等を用いて、人の皮膚を美化し、体型を整えるなどの指導又は施術を行う事業所をいう」と定義されています。

【主なエステティシャンの具体的な仕事としては】
カウンセリング→施術→化粧品販売 その他には店舗業務

 

エステとは

 

『エステ』と一言でいってもエステによってもいろいろな施術の種類があります。
エステサロンによっても行っている施術が多岐になります。
エステサロンで行っている基本的な施術は
『フェイシャル』
『ボディ』
『脱毛』
の三つです。

 

◎『フェイシャル』
首(デコルテ)から上に行う施術のこと。
美肌、リラクゼーションを目的としています。手技またを機械を用いて行う。

 

◎『ボディ』
全身に行う施術のこと。
痩身、リラクゼーション、皮膚の美化を目的としています。手技またを機械を用いて行う。

 

◎『脱毛』
一部分を行う部分脱毛、全身行う全身脱毛があります。
エステティシャンが行うのは【美容脱毛】となり光、針を使った施術があります。
【医療脱毛】は医師のものと、強いレザー脱毛などを行います。

エステティシャンになるには資格は必要か

エステティシャンになるために資格は必要ありません。
美容系の仕事の中でも美容師や理容師のように国家試験がないので目指しやすい職業といえるでしょう。

 

しかし、エステティックサロンに就職してお客さんがついたり、独立開業できたりする「エステティシャン」になるには、豊富な知識と経験、技術の証明が必要不可欠となります。

 

エステティシャンになる方法としては、二つあります。
①美容系の専門学校(通信講座)で学ぶ
②エステ会社に就職して会社のカリキュラムで学ぶ

 

おすすめのエステの通信講座

これから専門学校に通うのはお金もかかるし時間もかかります。
そこで通信講座で気軽に始められる講座をご紹介します。

美容のプロを目指す!【スキンケアアドバイザー資格通信講座】

一般社団法人日本スキンケア協会の主催している通信講座です。

 

【この三つの資格が取得できる】
◎スキンケアアドバイザー資格講座
肌の基本的な知識が身につく。

◎スキンケアカウンセラー資格
カウンセラー力を磨くことができる。

◎スキンケアフェイシャリスト資格
フェイシャルテクニックの基礎から応用までを学習できる。

 

【おすすめポイント】
・専門学校などのスクールよりかなり費用を抑えられる
・医師監修のテキストなので確かな知識が身につく
・基本的な皮膚や、美容の知識が身につくので趣味としても
・開業の目指す人にカウンセリング力、接客術が身に付くのがうれしい
・忙しい主婦の方や、会社勤めしていても自分のペースで進められるのがうれしい

 

まとめ

美容の知識は持っていることは女性として生きる上で絶対に得です。
いつまでも綺麗でいたいから趣味として美容を学ぶのもいいし、いずれはエステティシャンとして働きたい、エステサロンを開業することも可能です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました